ビデオポーカーは練習に最適だと思う

ジャックスオアベターのルールに注意

ジャックスオアベターのルールに注意

ジャックスオアベターはかなり有名で、オンラインカジノでは多く導入されますが、意外な注意点があります。
ジャックスオアベターのルールは厳しめに設定されている事が多いです。

ワンペアのルールが特に厳しく、絵柄以外は役として扱われません。
絵柄のない手で、しかもばらばらの場合は全て取り替えて勝負をする場合もありえます。

ワンペアは何でも作っていいわけじゃない

ワンペアを作ろうとすれば、当然ですがかなり簡単な方法として数字を揃えることになります。
オンラインカジノには、ジャックスオアベターと呼ばれるワンペアでも的中扱いとなる機種もありますが、こちらは11からAまでの範囲でワンペアにならないと的中扱いになりません。
それ以外はただのワンペア扱いになってしまい、的中とはみなされません。

ただ数字を揃えるのではなく、絵柄を見て判断することが大切です。
絵柄がある場合は、この数字が揃ってくれれば元返し、外れた場合は仕方ないとお燃えるようになります。

一方で絵柄のない状態だと、最初から苦しい状況になり、ワンペアがあってもスリーカードかツーペア狙い、ストレートやフラッシュが狙えない場合は全部入れ替えることもあります。

絵柄を引けるかが重要に

とにかく絵柄を引いて、最初の時点でジャックスオアベターを確保できるかが重要です。
初手に絵柄があるだけで、とりあえず元返しの状況は生まれていると判断できます。

逆に絵柄がない場合は、他の役を考えることになり、ペアが多いならツーペアやフルハウス、それ以外はストレートでもいいから揃ってくれることを狙います。
最初からジャックスオアベターのワンペアが揃っていれば、もうミスをしても大丈夫と判断できます。
揃っているだけで安心して、次にスリーカードやフォーカード、もしくはフルハウス狙いを可能にします。

最初から揃っているだけで、気持ちの面では相当な安心感があります。

ジャックスオアベターじゃないと的中しない

もう1つの機種として、デューシーズワイルドがあります。
こちらはワンペアが揃っていても的中扱いにならず、ジャックスオアベターよりも厳しい設定が取られています。

どのタイプが導入されているかは、一番下にワンペア扱いのジャックスオアベターが入っているかで判断します。
もし入っていなかったら、それはデューシーズワイルドですから、ワンペア狙いすらできない厳しいタイプです。

デューシーズワイルドにある特殊な的中

デューシーズワイルドにある特殊な的中

ワンペアでも成立させてくれる、一般的なビデオポーカーがジャックスオアベターです。
それに対して、高い的中が多くなり、意外な方法で揃うと高額配当を提供してくれるのがデューシーズワイルドです。
こちらには変わった的中が混ざっているので、場合によっては稼ぎやすいと判断できます。
その代わりワンペアは駄目で、スリーカードで元返しという厳しい設定です。

ロイヤルストレートフラッシュの違いあり

ジャックスオアベターでは、ロイヤルストレートフラッシュは全て同じものとして扱われています。
ロイヤルストレートフラッシュこそが最高の配当で、とにかくこれを作ってしまえば勝利できると思っていいです。

デューシーズワイルドでは、ワイルドカードの存在がありますので、カードによってロイヤルストレートフラッシュの違いが出ています。
ジュースは、ポーカーでいうジョーカーとして考えてもらえばわかりやすいです。

使った場合はワイルドロイヤルフラッシュ扱いとなり、ワイルドカードを使っているので配当金が下がってしまいます。
当たったとしても、何でも使えるカードを使っているから、そこまで多く出さなくてもいいと判断されています。

一方でナチュラルロイヤルフラッシュという役があります。
ワイルドカードのない非常に綺麗な状態で作られ、最高配当を得られるようにしています。

デューシーズワイルドの場合も、最高は4000に設定されているので、ナチュラルロイヤルフラッシュを作ってしまえば最高配当を得られるようにしています。

変わった役が存在するデューシーズワイルド

変わった役が存在するデューシーズワイルド

変わった役を揃えることで、配当金を増やすことができます。
その1つがフォーデューシーズです。

4つの2を揃えることで、フォーカード扱いではなくフォーデューシーズ扱いになります。
最高配当は1000に設定され、フォーカードが25しか貰えないことを考えると、かなり配当に差が生まれていることがわかります。

もう1つはファイブカードです。
ポーカーでは、ジョーカーを使えばファイブカードを作り出すことができます。
ジャックスオアベターにはジュースやワイルドカードがありませんので、ファイブカードは役に入っていませんが、デューシーズワイルドの場合はジュースを使えば、ファイブカードを作り出せます。

ただファイブカードは配当が安く、最大で75しか貰えません。
そこまで強い役ではありませんので、狙うならナチュラルロイヤルフラッシュの方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください